アトピーの特徴・基礎知識

「奇妙な」病気を言われる、「アトピー性皮膚炎」についての概要。

アトピー性皮膚炎は、簡単に言うと慢性の皮膚疾患を伴うもののうち、アレルギー反応と関連があるものといわれ、先天性の過敏症の一種であると考えられています。

アトピーという名前は「奇妙な」「原因不明の」という意味のギリシャ語から由来されており、医学用語としては気管支喘息、鼻炎などのほかのアレルギー疾患にも冠されていますが、日本においては慣用的に「アトピー」のみで皮膚炎のことを指すことが多いようです。

症状としては、アレルギー喘息、アレルギー性鼻炎、皮膚炎の蕁麻疹を起こしやすいアレルギー体質の素因の上に、様々な刺激が加わって生じる痒みを伴うのが特徴的です。

患者の約8割は5歳までの幼児期に発症し、以前は学童期に自然治癒すると考えられていましたが、成人まで持ち越す例や、成人してからの発症・再発の例が近年増加しています。

アトピーによる合併症

合併症の中で、皮膚に現れる感染症の一例を紹介

一例として、ヘルペスウイルス感染症、伝染性膿痂疹、伝染性軟属腫などがあります。

●ヘルペスウイルス感染症
鼻や口の周りに赤みを伴う水泡ができ、やがて化膿し、ただれたりします。子供がよくかかる「水疱瘡(みずぼうそう)」も、ヘルペスウイルス感染症です。
アトピーの人は、水疱瘡にかかると悪化の度合いが通常の人より激しくなります。大人では、「帯状疱疹」(肋骨に沿って水疱ができます)を発症します。痛くて、かゆいという症状が特徴です。

●伝染性膿痂疹(とびひ)
アトピー肌に合併する感染症のうちもっとも多いのが、伝染性膿痂疹です。症状としては体に赤いブツブツができます。その湿疹の部分を掻いて、その手できれいな皮膚を掻くと伝染することから「とびひ」と呼ばれています。

伝染性膿痂疹は小児に多い皮膚疾患でしたが、最近では思春期以降の人にも見られます。原因は、黄色ブドウ球菌と化膿レンサ球菌の二種類があり、今までは、殆どが黄色ブドウ球菌による感染でしたが、最近では、化膿レンサ球菌による感染もあると言われています。

●伝染性軟属腫(みずいぼ)
特徴として、体に少し水を持った白い「いぼ」のようなものできます。その形から「水いぼ」と呼び、ポックスウイルスというウイルスが原因です。

みずいぼは、腕や胸、脇の下などに出来やすく、痒みが伴うので、掻くといぼが破れ、中のウイルスが飛び出し他に感染します。

今のところ、このウイルスには特効薬が無く、感染したら病院に行きピンセットで取ってもらうか自然に治るまで待つしかありません。自然に治癒するまで様子を見る場合、数ヶ月かかります。

アトピーの合併症はかゆくて皮膚をかいたり、目をこすったりして症状を悪化させることが多い合併症です。多少面倒でもスキンケアを実践し、皮膚を清潔に保つことで症状を防ぐ、もしくは症状を悪化させないようにすることが重要になってきます。

ニュース